DMM.com証券でFX取引可能な21通貨について、その特徴を解説していきます。

通貨の特徴を良く理解して、相場の変動に振り回されないようぬすることも大切です。

 

DMM FXで取引可能な通貨と特徴

通貨ペア(値動きの特徴)

USD/JPY
USD/JPY
ユーロやポンドといった欧州通貨と比べて、値動きが緩やかであるといった点があります。

リスクオンになれば円安となり、逆にリスクオフになれば円高になるといった特徴がある。

EURJPY
EURJPY
ドル円よりもやや値動きが激しい。

ユーロ円はユーロドルとドル円のレートを掛け算したもの。

GBPJPY
GBPJPY
ドル円、ユーロ円よりも値動きが激しい。

ポンド円は、ポンドドルとドル円のレートを掛けたもの。

AUDJPY
AUDJPY
スワップポイントに加え、為替差益も同時に狙いやすい!

売りのスワップポイントが比較的安いため、下落トレンドでも利益を狙える

NZDJPY
NZDJPY
比較的レートが安定している中で高金利

買いの場合は、為替差益とスワップポイントの両方が狙える

CHFJPY
CHFJPY
マイナス金利通貨なので、ショートポジションで利益が出る

スイスフラン売りの為替介入がたまにあり、その動きに乗ることで利益を伸ばせる

CADJPY
CADJPY
明確な上昇OR下落トレンドが出やすい

現在は低金利なのでスワップを気にせずに売りと買い双方で利益を狙える

ZARJPY
ZARJPY
高金利で高スワップポイントが期待できる。

ただし、取引コスト(スプレッド)の割合がやや高い。買いで入りたい通貨。

EURUSD
EURUSD
取引量は世界第一位。

アジア時間は緩慢な値動きであるが、欧州時間にかけて動意付くケースが多々あり比較的トレンドが続く傾向がある。

GBPUSD
GBPUSD
取引量は世界第三位。

アジア時間は緩慢な値動き。欧州時間にかけて動意付くケースが多々ありユーロドルよりも更に値動きが激しい。

AUDUSD
AUDUSD
AUD/USDは世界第4位の取引量。

高金利通貨でスワップポイントが高い。オーストラリアは資源国であり、石油価格や中国などの消費大国の経済の影響を受けやすい。

NZDUSD
NZDUSD
取引量はそこまで多くない。

高金利通貨でスワップポイントが高いが、豪ドルの影響を受けやすい。

USDCHF
USDCHF
ドル円以上に金利差が大きい。

スワップ投資に向いており、基軸通貨&安全通貨という組み合わせのためトレンドが出やすい

USDCAD
USDCAD
両方とも北米の通貨であるため特にNY時間に活発に値動きしやすい。

金利差がないため、マイナススワップを気にせず長期取引ができる。

EURGBP
EURGBP
ポンド絡みの通貨ペアで大きな値動きが期待できる。

トレンドが出た場合は比較的継続する傾向があるのでトレンドに乗った取引ができる

EURAUD
EURAUD
売りから入ってプラススワップをもらえる。
東京時間も比較的動くことが多い

EURNZD
EURNZD
ユーロ/NZドルは、流通量から判断してもユーロの方がメインとなって動くことが多く、ニュージーランドは日本時間の早朝から始まるので参加者があまり多くありません。

EURCHF
EURCHF
スイスフランに対して、しばしば為替介入があるので、突然動いたりする点に注意

GBPAUD
GBPAUD
GBP/AUD(ポンドオージー)は、ボラティリティの高さ(値動きが激しさ)を特徴とする通貨ペアとして、人気の通貨ペア。

ボラティリティは、GBP/JPY(ポンド円)の1.5倍程度ある

GBPCHF
GBPCHF
ポンド絡みの通貨のため、激しい値動きが期待できる

スイスフラン絡みの通貨のため、スイスフラン売りのスワップがメリット高い。マイナー通貨なのでスプレッドが広い